飲まないウイスキーは専門店で高く買い取ってもらっちゃおう

ウイスキーの歴史

近年目にするウイスキーは、大人の男性が飲むお酒として知られていました。しかし最近では、ドラマの影響で若い人もたしなむようになっています。糖質が大変低く、ダイエット中の人も気兼ねなく飲めるでしょう。そんなウイスキーを買取する専門店も登場し、多くのお客さんで賑わいをみせています。

価値のあるウイスキートップ3

男性
no.1

うまみが凝縮されたウイスキー

お酒業界で勢いを増しているウイスキーは、麦芽のうま味成分とホップの独特な香りが楽しめる一つです。買取専門店でも値打ちが高く、査定員と話が弾む一幕もあります。

no.2

贅沢な銘柄のウイスキー

モルト原酒だけを使った贅沢なウイスキーも、高価買取が狙える商品です。高級感のある味わいで、酒好きにたまらない一品でしょう。

no.3

ウイスキーを代表する人気商品

トウモロコシを原料にしたウイスキーは、他のものに比べて味わいがとても軽く、ウイスキー初心者が飲みやすい作りとなっています。それもあってか、中古品も買い求める人が多数いらっしゃいます。

飲まないウイスキーは専門店で高く買い取ってもらっちゃおう

様々なお酒

ウイスキーの気になる賞味期限

自宅に眠っているウイスキーに賞味期限はあるのかといった問い合わせは沢山あります。現時点で食品表示法による賞味期限記載の義務はないため、封を開けていないなら賞味期限は存在しません。ウイスキーの場合は、アルコール度数が高いので、保管環境が悪くなければ査定に大きく響かないでしょう。ただしコルク栓のウイスキーは湿気にとても弱いため、未開封でも劣化する恐れがありますし長期間保管した場合は、コルクに臭いが移るため査定にひっかかる可能性は否めません。

アルコール

売ることを前提にするならお早めに!

賞味期限がないからといって長く放置するのはあまり好ましくありません。飲まないとわかった時点で早めに買取してもらいましょう。付属品やボトル自体が新品同様なら、見た目がキレイとの理由で高価買取が期待できます。特に付属品は買取専門店の場合、貴重品とみなされるので売りに出すまで大切に保管しましょう。ウイスキー以外にも未開封のお酒がある場合は、まとめて売りに出した方がもっと買取金額が高くなります。

お酒

費用負担が少ない買取専門店を選ぼう

ウイスキーの買取をする上で、いちいち事務手数料がかかっていたら金銭的負担が大きくてしょうがありません。ウイスキーの買取依頼をするなら、手数料やキャンセル料、通話料を無料にしている良心的な業者を選んでくださいね。キャンセル無料なので、他でいい金額がつけられた時気負いせず断れます。

希望買取金額を狙うポイント

本格的に査定してもらうなら買取依頼をする側もウイスキーについて深く知ることが大切ですよ。特に目をつけてほしいのがウイスキーの買取相場です。これにもっとも近い査定額を出す専門店だと希望額に到達できるでしょう。

広告募集中